孤独を解消する

樺沢紫苑さん。「孤独を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか? 人と『つながる』には、労力が必要です。自分から行動、活動して人とつながり、深める意識が重要です。とはいえ、『友達をつくる』というのはなかなか大変です。内向的な人の場合は特にそ…

空想は心をゆたかにする

現代ショートショートの旗手、田丸雅智さんの『ショートショートの書き方講座 in大阪&オンライン』に参加してきた。ワークシートに沿ってワークショップが進められていくと、『不思議な言葉』が出来上がり、そこから発想を広げて、良いこと悪いことをまるでS…

最適な部下の人数

マーカス・バッキンガムさん。「世界最高のリーダーが実践する最も強力な儀式が毎週のチェックインであることを踏まえれば、最適な部下の人数を割り出すことができる。それは、各チームリーダーが(年間を通して)毎週一対一で対話できる人数である。あなた…

月1だとやる気5%低下

マーカス・バッキンガムさん。「最高のリーダーは毎週欠かさず、各チームメンバーと短いチェックインを行い、2つの簡単な問いかけをする。『あなたの今週の優先事項は何か?』『私に手助けできることはあるか?』チームメンバーにやることリストを要求して…

今の仕事に愛を見つける

マーカス・バッキンガムさん。「ワークライフバランスを目指すよりも、仕事に愛を見つけることが何より大切だという真実を分かち合いたい。具体的に、たんに『愛することを仕事にする』のではなく、『自分の仕事に愛を見つける』ためのスキルーについて考え…

仕事は悪で生活は善か?

マーカス・バッキンガムさん。「もちろん、ことはそう単純じゃない。実際には仕事で満足を味わっている人もいるし、ストレスに満ちた生活を送っている人もいる。仕事には、本質的に困難だったり退屈だったりするものもある。またどんな人の仕事や生活も、完…

仕事のホント

マーカス・バッキンガムさん。「#1どのチームで働くかが大事。そこが実際の仕事が行われる場所だから。#2『最高の情報』があれば勝てる。計画は世界の動きについていけないから。#3最高の企業は(目標でなく)『意味』を連鎖させる。集団としての価値…

孤独を解消する

樺沢紫苑さん。「孤独を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか? 人と『つながる』には、労力が必要です。自分から行動、活動して人とつながり、深める意識が重要です。とはいえ、『友達をつくる』というのはなかなか大変です。内向的な人の場合は特にそ…

快適ゾーンこそ

マーカス・バッキンガムさん。「神経学的証拠は、強みこそが開発すべき領域だという考えを裏づけている。ネガティブなフィードバックを受けた学生の脳では、交感神経系が活性化した。これは生き残りに必要な情報だけに集中できるよう脳その他の部位の働きを…

人は注目を求めている

マーカス・バッキンガムさん。「つまりホントは、『人は注目を求めている』ということになる。安心でき、批判を受けない環境で注目を注がれれば、人は自然とそこにとどまり、楽しんで働こうとするのだ。第一の発見は、世界最悪のマネージャーの作り方といっ…

オーディエンスを探して

マーカス・バッキンガムさん。「2億人を超えるスナップチャットのヘビーユーザーに話を聞けば、スナップチャットの魅力が、フィードバックのプレッシャーを感じずに、気軽にアクセスして投稿し、シェアできる点にあることがわかる。ソーシャルメディアは基本…

緩急をつける

樺沢紫苑さん。「多くの人は、『必死に頑張れば成功できる』と思い込んでいますが、完全に間違いです。睡眠を削り、休息もとらず、必死に働く。その先にあなたを待っているのは、『病気』です。生活習慣病になります。精神科というのは、ある意味『頑張り続…

寝る前15分のポジティブ

樺沢紫苑さん。「『3行ポジティブ日記』は、『寝る前15分以内』に書くのですが、さらに詳しく言うと、洗顔、歯磨きも終わった『寝る直前』に書くのがベストです。そして、そのまま布団に入って、ポジティブな出来事をリアルにイメージしながら眠ることが…

悪口は最凶の

樺沢紫苑さん。「『3行ポジティブ日記』は、『ポジティブな観察力』を強化するトレーニング法でが、多くの人は、『ネガティブな観察力』を鍛えるトレーニングを毎日しています。それは、『悪口を言う』ことです。悪口を言い続ける限り、『幸せ』になること…

幸せ収集能力

樺沢紫苑さん。「幸せになるのに、あなたの人生を変える必要などないのです。『幸せ収集能力』を高めることさえできれば、今までと同じ毎日を過ごしても、『楽しい』出来事の収集が増えて、感じ方も敏感になってくる。『苦しい』出来事はスルーできるように…

幸せ発見能力

樺沢紫苑さん。「気付きの能力、つまり『幸せ発見能力』が研ぎ澄まされてくると、1日24時間、『体調のよさ』『快適さ』『爽やかさ』を感じられるようになり、セロトニン的幸福に包まれて生きられるようになる。すると、この『爽やかさ』と『健康』を維持する…

独り言アウトプット

樺沢紫苑さん。「アウトプットは、『書く』『話す』『行動する』です。『書く』暇がなければ『話す』だけでもOKです。『今日は青空で気持ちいい』たった3秒あれば言えます。だまされたと思って、明日の朝、言ってみてください。言葉に出すことで、『気持ち…

自分の健康と向き合う

樺沢紫苑さん。「自己洞察力とは、自分の健康状態がいいのか悪いのか、自分の心と身体の調子がいいのか悪いのかを、感じ取る能力のこと。言い換えると、それはそのまま『セロトニン的幸福』を感じ取る能力であり、『幸せ発見能力』とも言い換えられるのです…

今楽しいを積み上げる

樺沢紫苑さん。「今、楽しい。今日楽しい。これが7日続くと、『今週一週間楽しかった』になります。30日続くと、『1カ月間楽しかった』になります。365日続くと、『1年間楽しかった』になります。今、楽しい。今日楽しい。これが50年続くと、『自分の人生は…

今にフォーカスする

樺沢紫苑さん。「過去を考えて後悔し、未来を考えて不安になる。これがメンタルの患者さんの傾向です。とにかくメンタルの患者さんは、『過去』と『未来』が大好きです。今日はとても調子がいいにもかかわらず、5年前、10年前のネガティブな体験を思い出し、…

睡眠・運動・朝散歩

樺沢紫苑さん。「睡眠:最低、一日6時間以上の睡眠が必須。できれば、7時間以上の睡眠を推奨。時間のみならず、睡眠の『質』も大切。睡眠改善のために、寝る前2時間以内の飲酒、食事、ブルーライト(スマホ・ゲーム)、激しい運動は避け、入浴などリラッ…

1対1の頻繁な対話

マーカス・バッキンガムさん。「最高のチームリーダーを調査すると、意味づけの儀式を行っていることがわかる。それは、『チェックイン(現状確認)』と呼ばれるもので、要はチームリーダーとチームメンバーとの1対1の頻繁な対話である。頻繁と言ってもど…

ホラーが好きな人には

平山夢明さん。「世の中には『恐怖』を好む人間と嫌う人間がいるようです。まわりを見る限り、ホラーが好きな人間には、かつて恐怖に助けられた人が多いようです。怖い本を読んだり恐ろしい映画を観たりすることで人生を救われた、そんな経験をしているんで…

朝散歩の勧め

樺沢紫苑さん。「セロトニ的幸福を手に入れる最も確実でシンプルな方法は、セロトニン神経を活性化させ、セロトニンを分泌させることです。そのための方法は3つ。『朝日を浴びる』『リズム運動』『咀嚼』です。朝日を浴びるのは、午前中。できれば、起きて…

つながりとドーパミン

樺沢紫苑さん。「オキシトシンは、『お酒をもっと飲みたい』という衝動を抑える作用がある。オキシトシンは、ドーパミンの闇の側面、『もっともっと』を抑制できる。ドーパミンの暴走(依存)に対してブレーキをかけるのです。実際、アルコール依存症の患者…

セロトニンで押さえる

樺沢紫苑さん。「ドーパミンは、お酒を飲むだけでも出ます。しかし、最初は缶ビール1缶で楽しめていたものが、缶ビール2缶でないと満足できなくなり、やがて4缶飲むようになり、最後には1日で焼酎ボトル1本をあけるようになります。飲酒による幸福感、…

逓減しない幸福

樺沢紫苑さん。「ドーパミン的幸福は逓減します。『逓減しない幸福』はあるのでしょうか? セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福は、逓減しない、あるいは、逓減しづらいのです。青空を見るような爽やかな幸福感(セロトニン的幸福)は、まったく減じない。…

ト―パミン的幸福は逓減

樺沢紫苑さん。「ある程度の金額までは『お金があると幸せになる』と言えますが、ある程度の金額(年収800万~1000万円)を超えると、『それ以上お金が増えても、幸せはほとんど増えない』ということになります。高額宝くじの当選者に対する調査では、『宝く…

昇っている今が幸福

樺沢紫苑さん。「殆どの人は、今自分が持っている『小さな幸福』に気付かない。もっと『大きな幸福』『すごい幸福』『圧倒的な幸福』があると信じて必死に頑張ります。しかし、今そこにある『小さな幸福』に気付かない人、今の『小さな幸福』に感謝できない…

小さな幸福感こそ

樺沢紫苑さん。「何か大きな目標を達成した時、大金を手に入れた時、スポーツの大会で優勝した時、その瞬間はドーパミンが大量に分泌します。そのため、『大きな幸福』は得られますが、それは永続的なものではありません。すぐに色あせてしまいます。『幸せ…