マイナス観念を吹き飛ばす

f:id:nakatomimoka:20191112124432j:plain

平信一さん。「いざというとき『失敗するんじゃないか』と、ふと不安な気持ちがよぎることがありますね。これを『マイナスの観点』と我々は呼んでいます。これを抱えたまま行動を始めると、たいていうまく行きません。そのままにせず、切り替えるのも大切です。吹くんです、勢いよく、息をフッと。『息を吹くとマイナスの観念がすべて吹き飛んで、プラスの観念に変わる』と決めて、その回路を自分の中につくっておくんです。観念が生じるのは止められないんですよ。生じないようにするのは不可能です。だから、生じた瞬間にすぐ対処できる方法が必要なんです。しかも余分な力が抜けるようなものがいい。そう考えた藤平光一が見つけた切り替え法なんです。王貞治さんは先代からこれを聞いて、現役時代、よく実践なさっていたそうです」息をフッと。

 

nakatomimoka.hatenadiary.jp