今に意識が向かう

f:id:nakatomimoka:20200926131011j:plain

浅見帆帆子さん。「瞑想は、意識的に『何もしない』という状況を作ることです。呼吸以外は何もしないのです。自分の呼吸に意識を向けることで自然と『今』に意識が向かうようになります。では、『今』に意識を向けることがなぜ至福につながるのでしょうか。私たちが抱えている心配や不安や悩み事は、『今、ここ』で起きているわけではありません。過去を思いだしているときか、未来を想像している時に起こります。どんなに『ついさっき』起こった現実の事実だとしても、目の前の『今、ここ』で繰り広げられてはいません、思いだしているのです。瞑想によって、『今』に意識が向いた結果『目の前の今は何も問題が起きていない』ということに無意識のレベルで気づくのです。そのような気づきが無意識レベルで起こると、抱えていた問題が消えるのです」今。